着物買取り出す前の注意〜裄・丈の長い和服であるかどうか

少し前までは洋服に押されて、着る人が少なくなってしまっていた和服ですが、近年ではその存在が再評価されるようになっています。若い人たちの間では着物をそのまま伝統的なファッションとして用いるだけでなく、リメイクして新しいファッションとして楽しむという文化が生まれています。また外国人観光客が日本に来たお土産として、着物を好んで購入することも少なくありません。 とは言え着物の生産量は、西洋文化に押されたことによる伝統工業の斜陽化もあって決して多くはありません。そこで近年では所有者が使わなくなったなどの理由で処分したい着物を買い取って、それを欲しい人に販売するための、着物買取が人気を得るようになっているのです。また店頭に持って行って着物買取をしてもらうだけでなく、自宅まで出張してもらったり、自分で宅配便を利用して送るなどの方法で、着物買取を手軽に利用できる業者が多いというのも、その大きな人気の理由となっています。 自分や家族が以前は着ていたもののもう着なくなったり、亡くなった人の形見として受け取ったりした着物は、その思い入れも加わって、せっかくなら高く買い取ってもらいたいというのが本音でしょう。着物を高額で買い取ってもらうためには、汚れやシミ、色落ちなどの有無といったコンディションが大きな要素としてまず挙げられます。 また有名作家が手がけたものなど、デザインや柄の人気も買い取り金額を大きく左右します。 さらに別の肝心な要素としては、裄・丈の長い和服であるかどうかが挙げられます。昔の人は現代の人と比べて一般的に小柄であったため、和服のサイズも小さくて裄・丈も短く場合が多いのです。ですが体格の良くなった現在の若い人が着たり、元々体格の良い外国人が着るためには、裄・丈の長い和服の方が好まれます。また裄・丈の長い和服であれば自分の体に合わせて仕立て直しがしやすく、さらに別のファッションへのリメイクもしやすくなるという利点があります。これらに理由から需要が高いために、裄・丈の長い和服はその買取金額も高額になるというわけです。